バナジウムを含む食品は危険!?知らなかったでは済まされない怖い話

Pocket

 

バナジウムを食品から摂取すると、どのような効果があるのでしょうか?

 

注目度の高いバナジウム。

・血糖値の上昇を抑える。
・コレステロール値や血圧の抑制にアプローチ

 

などその効果は気になりますよね。

 

ただ、バナジウム入りの食品には恐ろしいリスクが隠されているんです。

 

「知らなかった・・・」と後悔しない為に

 

バナジウムを摂取する際、
絶対に外せないポイントについて解説していきます。

 

バナジウム含有の食品。代表的なものは?

バナジウムを含む代表的な食品はヒジキと海苔です。

他にもありますが、特にこの2品目がバナジウムを多く含みます。

 

しかし、なぜヒジキや海苔が危険なのでしょうか?

それは、ヒ素や放射能を含む場合があるからです。

 

2011年に起きた福島での原発事故。

正確な汚染情報がうやむやなことからも
日本近海で摂れた食品は放射性物質のリスクを含みます。

また、産地偽装にも注意が必要です。

 

一説には汚染されたヒジキや海苔などの摂取は
タバコの喫煙より高リスクというデータもあります。

ヒジキや海苔などが食卓に並ぶことは
あなただけでなく家族に被害が及ぶことを忘れないでください。

 

ヒジキや海苔などの食品は
毎日ではなく、食べたい時だけにしましょう。

 

 

バナジウムを食品からは摂らない。じゃあサプリメントは?

バナジウムを豊富に含む食品は危険ということをお伝えしました。

 

「ではサプリメントはどうなの?」

 

気になるところですよね。

 

 

結論から言えばサプリメントはとても便利です。

ただし、この点だけは注意してください。

 

それは、原材料。

 

 

あなたが使用しているサプリメント、原材料や産地は明記されていますか?

・産地○○
・海藻、ワカメ

など明記されていない場合は気を付けてください。

 

 

特に材料覧に「バナジウム」と書かれているもの。

これっておかしくないですか?

 

そもそもバナジウムという食品はありません。

 

バナジウムのお浸し 298円
全国のお惣菜コーナーを探しても見つかりません。

 

では、その正体は何かというと

 

・石油(合成ミネラル)

 

がほとんどです。

 

石油はバナジウムを多く含みます。
この中からバナジウムの成分を取り出して
サプリメントに混ぜているんです。

 

ですから、「バナジウム」という文字だけが
材料覧に並びます。

 

これは本当に体にいいのでしょうか?

 

ガソリンスタンドでごくごく石油を飲む人

を想像してみてください。

 

気持ち悪くないですか?

 

 

バナジウムは食品やサプリ以外から摂れるんです。しかも安全に!

それはミネラルウォーター

コンビニに並ぶペットボトルのお水です。

 

そうです、リスクの高い海藻類やサプリメントなどから
無理して摂らなくてもいいんです。

 

コンビニへ行けばバナジウム入りの天然水が
1リットル100円程で手に入ります。

 

もうこれで安心してバナジウムと
健やかな毎日を送ることができます。

 

と言いたいところなんですが、

ペットボトルのお水って中身が古いんですよね。

 

「この水いつ詰められたのかなぁ」

 

普段ペットボトルの水は飲まないように気をつけているんですが
外出時などやむを得なくペットボトル水を飲むときにいつも思います。

 

古いだけでなく、保存状態も気になります。
中には夏の間ずっと倉庫に置きっぱなしなんてことも・・

 

さらに

 

重くて持ち運びも不便ですし、

ペットボトルの処理も面倒ではありませんか?

 

以上の点から
ペットボトルの水はオススメできません。

 

 

しかし

バナジウム入りの
とびきり新鮮な天然水を摂る方法があるんです。

 

 

食品からバナジウムを摂らなくても大丈夫!ただし水は新鮮なものを

 

それはウォーターサーバー

中でもおすすめは「blueウォーター」

 

なぜblueウォーターがいいのかというと
次の3つの理由からなんです。

 

blueウォーター3つのおすすめポイント↓

①天然バナジウムの含有量 122μg/1L とトップクラス!
②ペットボトルに比べてとってもお得
③ボトル交換は足元で。1人でも楽々ボトル交換できる

 

 

①天然バナジウムの含有量 122μg/1L

このバナジウムの含有量はいったいどの程度なのでしょう。
コンビニなどでよく見るこちらの水 ↓と比較してみます。

1L あたりのバナジウム含有量

●ペットボトル → 62μg /1L

●blueウォーター → 122μg /1L

 

その差、約2倍

このようにblueウォーターであれば、
バナジウムをたっぷり摂ることができます。

 

 

②ペットボトルに比べてとてもお得

さらに注目すべきはその金額。

コストに関する表をまとめました

コスト/1L バナジウム量1Lあたり バナジウム
1μgのコスト
ペットボトル 約100円   62μg 1,61円
ブルーウォーター 162円   122μg 1,33円

ご覧の通り

バナジウム1μgあたりの金額は
blueウォーターの方が安いんです。

 

さらに

採れたてで新鮮なので金額以上にお得です!

 

 

 

③ボトル交換が1人でも楽々できる。

 

足元から汲み上げることで、
重いボトルを持ち上げる必要がなくなりました。

これで1人でも楽々ボトル交換をすることができます。

 

 

このように

・安全
・手間いらず
・とってもお得
・新鮮でバナジウムたっぷり

 

であれば「blueウォーター」が一番ですし、

なにより家族みんなで楽しめます^^

 

 

 ブルーウォーターのお申し込みはこちらからどうぞ

 

大人気ウォーターサーバーランキング

Qool Qoo クールクー

(水道直結型ウォーターサーバー)

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

なんとメンテナンス無料!!1年に1回の有人メンテナンスあり!

数十万するro水生成機能を搭載!!月額3000台でro水が使いたい放題!!

クールクーは家庭用にとってもおススメです!

 QoolQoo(クールクー)のお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

RAKU MIZU 
楽水ウォーターサーバー

 

(水道直結型ウォーターサーバー)

 

 

 

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

 

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

 

破格の浄水タイプと安全なRO水タイプの2つから選べます

 

薬局、整体院、オフィスなどの法人様の契約数ダントツ1位です

 

かわいいデザインで家庭用にも人気が出ています!!

 

 

 

 楽水ウォーターサーバーのお申し込みはこちらから

 

コメントを残す