水素水サーバーのレンタルと購入!デメリットの比較で見えた本当のメリットとは?

Pocket

水素水を高濃度で効率よく飲みたいなら、水素水サーバーが手軽で便利です。

 

しかしサーバー本体を購入するとなると、けっこうな初期費用が必要になりますね。

 

今ではレンタルできる水素水サーバーが多く出ているため選択肢が広がったものの、逆にレンタルと購入はどちらがいいのか分からなくなった、なんて思っていませんか?

 

実際に水素水を利用するならレンタルと購入のどちらがお得になるのでしょうか。

 

 

水素水サーバーはレンタル・購入のどちらがお得?

 

水素水のサーバーは購入するよりもレンタルの方がおすすめです。

 

長く使うならサーバー本体を購入した方がコストメリットが出ることに間違いありませんが、レンタルの方が保証メリットが大きいですし長くみても安心して使えるからです。

 

水素水サーバーは5年~8年くらいは使えるよう耐久性を持たせているようですが、機器はどんどん古くなっていきます。

 

機器が古くなるにつれ生成される水素水は少なくなっていきますし、故障のリスクは年々上がっていきます。

 

購入の場合の保証期間は1年となっていることが多いので、2年目以降はすべて保証外となり費用が発生してしまいます。

 

それ以外にもレンタルにメリットが多く、設置するなら購入するよりもおすすめです。

 

 

水素水サーバーのレンタルをおすすめする理由

 

水素水サーバーのレンタルと購入を比較した場合のそれぞれのメリットは次の通りです。

 

【レンタルのメリット】
・初期費用が安い
・レンタル期間中は保証がついている
・定期メンテナンスがつく(有料の場合あり)
・乗り換えしやすい

【購入のメリット】
・サーバーが自分のものになる
・3~4年以上使えばレンタルよりお得になる

 

 

レンタルより購入の方がメリットとして大きいのは3~4年以上使えばお得になるという点。

 

それ以外は全てレンタルの方が購入よりも有利です。

 

購入の場合はサーバー本体の購入費(15~30万円程度)が必要な上、カートリッジ代や工事費がかかるため初期費用が思った以上にかかります。

 

(楽天市場「水素水サーバー」検索結果より)

 

3年使えばお得に使える反面サーバー本体はどんどん古くなっていくので、故障や部品交換、メンテナンスのリスクが上がります。

 

購入した場合は保証期間を過ぎるとすべてに対して費用が発生します。

 

レンタル期間中は機器の保証が付いているので、通常の使用範囲内であれば故障に対する補償がついていたりメンテナンス対応もついているケースが多いです。

 

また、内部清掃は素人では簡単にできるものではありません。

 

使っていくうちにたまっていく内部汚れはキレイにして、清潔なサーバーで水素水を飲みたいですよね?

 

レンタル期間中は1~2年ごとにメンテナンスが入ることが決まっているので、不具合の解消や清掃などを同時に行ってもらいます。

 

併せて、水素水機器の技術も日々進化しているので、2~3年経過すればサーバーの性能が良くなっていることが考えられます。

 

その際、購入の場合は新たに買い替えしないといけませんがレンタルであれば乗り換えるだけ。

 

そのような身軽さもレンタルにはあります。

 

ただ、メーカーや機種によってはレンタルをしていないことがあるので購入しかできない場合もあります。

 

 

水素水サーバーのレンタルと購入のデメリット比較で分かったこと

 

当然ながらメリットばかりではなく、レンタル・購入双方にデメリットもあります。

 

【レンタルのデメリット】
・途中解約が難しい(手数料がかかる)
・レンタルできない商品がある
・長く使うと購入の方がお得になる

【購入のデメリット】
・初期費用が高額になる
・カートリッジ交換は有料(消耗品)
・保証は1年程度(以降はメンテナンス有料)
・サーバー本体の変更はできない

 

 

水素水サーバーをレンタルした場合の一番のデメリットといえば、長期使用した際の購入とのコストの差です。

 

3~4年目以降は使えば使うほど購入した方がお得になります。

 

ただし長く使うことでの故障や部品交換のリスクは発生しますし、内部清掃など個人では対応できないこともあるので、一概に購入のほうが優れているともとも言えません。

 

「とにかく長く使って安くしたい」という場合には購入の方がいいですが、濃度の高い水素水をきれいなサーバーで生成したいならレンタルでないと難しいです。

 

レンタルの縛り期間が終わったタイミングで乗り換えすれば、常に新しいサーバーを使えるという裏ワザもあります。

 

 

レンタルか購入かは水素水サーバーの使い方次第

 

レンタルをお勧めしますが結局レンタルにするか購入するかは、水素水をどのように摂取したいかによるところが大きいです。

 

水素水が初めてでちょっと試しで飲んでみたいという場合には購入はやめたほうがいいですし、レンタルする前にパウチタイプで試してからにしたほうがいいかもしれません。

 

その場合は出荷時のパウチ内の溶存水素量が多く、できるだけ新しい水素水を飲んで試すようにしてください。

 

そうしないと水素水の良さを実感できませんので。

 

すでに水素水を毎日飲んでいてより新鮮で高濃度の水素をとりたいということなら、サーバーで作りたいというあなたの選択肢は正しいです。

 

その場合トータルで考えてみても、やはりリスクの少ないレンタルをおすすめします。

 

では、実際にどのような水素水サーバーがいいかとなると、ポイントはいかにきれいな水で生成できるかという点です。

 

つい目が向きがちなのは【高濃度・新鮮さ・時間】ですが、それは水素水を作るサーバーとして当たり前のレベルです。

 

天然水や水道水でつくる水素水サーバーは候補から外さないといけません。

 

 

水素水サーバーを選ぶときに絶対に押さえるべきポイント

 

水素水サーバーで大切なのは、元となる水です。

 

水道水をタンクに入れて水素を作る機器が主流ですが、その元となる水道水をあなたは口にできるでしょうか?

 

日本の水道水は51項目もの厳しい検査をクリアしているので、世界的に見ても安全であることは間違いありません。

 

しかし、それはあくまでも浄水場内での話です。

 

浄水場から各家庭に水道水が送られるまでには、配水管を通ってきたり貯水タンクに貯められます。

 

配水管のサビや配水管から溶け出した鉛の検出、不衛生な貯水タンクでの一時保存のケースなどを一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

 

短くても数㎞、長ければ数百㎞もの距離を通ってくる配水管の状態を見ることはできませんよね。

 

さらに蛇口から出てくる水道水には、カルキ臭くなるほど入った塩素や発がん性物質も含まれています。

 

震災以降でいうと、放射性物質の含有についても不安ではないでしょうか。

 

水道水から水素水を生成する場合、それらの不安な物質も一緒に摂取することになりかねません。

 

であれば、天然水なら安心かというとそうとも言えない点もあります。

 

実は天然水に含まれるミネラルは、場合によって害となってしまうことがあります。

 

内臓器官の発達が未熟な赤ちゃんや体の小さいペットにはミネラルを分解する力が弱く、ミネラルが逆に腎臓障害や尿結石の原因にもなるのです。

 

せっかく赤ちゃんやペットにも良いと言われる水素水をミネラルウォーターで作ってしまうと、健康に良いのか悪いのかわからなくなってしまいます。

 

水素水を作るときに一番いいのは、RO水です。

 

 

水素水生成に適しているRO水って何?

 

水素水を作る元となる水はRO水が適しています。

 

【RO水とは】
RO水とは逆浸透膜(RO)フィルターを通して作られた純水(ピュアウォーター)のことです。

穴径0.0001ミクロンの超微細フィルターを通すことで水に含まれるあらゆる物質をほぼ100%レベルで取り除き、不純物のない水になります。

体に害となる発がん性物質や放射性物質、赤ちゃんやペットに害となるミネラルまで除去した安全な水です。

 

不純物を除去しているため赤ちゃんが飲んでも問題ない水素水を作ることができます。

 

RO水を使った水素水サーバーはボトル型と水道直結型がありますが、健康のためを考えるなら水道直結型をおすすめします。

 

RO水はカビや雑菌の繁殖を防ぐ塩素を除去しているため、ボトルで保管している間に菌が繁殖してしまう可能性があります。

 

また、受け取りの手間やボトルの保管場所確保が必要になったりと、ボトル宅配水を続けて飲むには面倒な点が多いです。

 

その点、水道直結なら水素水サーバーを設置すれだけで他に面倒なことはありません。

 

 

水道直結の水素水サーバーならクールクー

 

水道水から不純物を除去しRO水で水素水を生成するならクールクーがおすすめです。

 

溶存水素量を高濃度に保つため水素の抜けにくい貯水タンクを採用し、さらに6時間に1回の水素入れ直しを自動で行います

 

そのため高濃度の水素水を好きな時に好きなだけ飲み放題。

 

【水素水サーバーのレンタル・購入比較】

レンタル 購入

月々9,000円 15~30万円程度

・初期費用が少なくて済む
・長く同じ機器を使う場合は購入のほうがお得になることがある
・レンタル期間中は保証がつく
・プロによるメンテナンス(年1回無料)
・カートリッジ交換無料(年1回)
・初期費用が高額
・3年以上使用するならレンタルよりお得
・機器は自分のものになる
・機器保証が1年程度
・メンテナンスは自分で行う必要がある

 

 

クールクーにデメリットはある?

 

おすすめのクールクーですが、残念ながらデメリットもあります。

 

それは最初の3年間は契約の縛りがあるという点です(3年目以降の縛りはありません)。

 

水素水サーバーをレンタルする場合、縛りがあることがほとんどですが短ければ1年~2年というところがあります。

 

それに比べるとちょっと長めの設定になっています。

 

ただ水素水は続けて飲まないと実感できませんし、購入との価格メリットの分岐点が3~4年なので、続けて水素水を飲む人にはそれほど気になる点ではないでしょう。

 

ご自身やご家族の健康のために水素水サーバーの設置を考えているなら、クールクーを検討してみる価値はあると思いますよ。

 

 

 クールクーのお申し込みはこちら

 

 

 

 

大人気ウォーターサーバーランキング

Qool Qoo クールクー

(水道直結型ウォーターサーバー)

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

なんとメンテナンス無料!!1年に1回の有人メンテナンスあり!

数十万するro水生成機能を搭載!!月額3000台でro水が使いたい放題!!

クールクーは家庭用にとってもおススメです!

 QoolQoo(クールクー)のお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

RAKU MIZU 
楽水ウォーターサーバー

 

(水道直結型ウォーターサーバー)

 

 

 

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

 

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

 

破格の浄水タイプと安全なRO水タイプの2つから選べます

 

薬局、整体院、オフィスなどの法人様の契約数ダントツ1位です

 

かわいいデザインで家庭用にも人気が出ています!!

 

 

 

 楽水ウォーターサーバーのお申し込みはこちらから

 

コメントを残す