アクアクララが汚いってどゆこと!?調べたら見えてきたウォーターサーバーの真実

Pocket

水宅配シェアNO1と言われるアクアクララですが、当然いい評判ばかりではありません。

悪い評判の中には「汚い」という気になるものも…

アクアクララの汚いという評価について調べました。

 

アクアクララ「汚い」って評価を受けるのはどこ?

 

(アクアクララホームページより)

 

水ボトルの中?

一般的に水ボトルのウォーターサーバーはその構造上、外気がボトルの中にボコボコと入ってくる点が不衛生などと言われる場合があります。

(アクアクララホームページより)

 

アクアクララのウォーターサーバーには抗菌加工を施したエアフィルターが標準装備されています。

水ボトルに取り込まれる外気の塵やほこりなどの侵入は防がれるので水ボトルの中、ウォーターサーバーの内部の衛生状態が保たれると考えていいでしょう。

 

アクアクララはRO膜(逆浸透膜)を利用して水をろ過するROろ過技術を採用しています。この技術からできる水はRO水と呼ばれる純水です。

RO水は家庭で利用することができる最も純粋な水の1つといえるもので、放射性物質からミネラルまでありとあらゆる不純物が取り除かれた水です。

当然、水道水に殺菌などのために添加されている塩素も取り除かれます。水ボトルの中やサーバーの内部はより清潔でないといけないわけですが、このような装置が装備されているなら安心できますね。

 

ー ちょっとおまけ ー

アクアクララの水は水道水を原水としてRO水にしています。

お金を払っている水の元が水道水であることに衝撃を受ける人も多くいるようですが、RO水の原水に水道水を利用することはとても合理的なことです。

水道水はとても安全な水。基本的にはそのまま飲んでも問題のない水です。そしてROろ過技術は水に含まれるほとんどすべての成分を取り除くので水道水がピッタリなんです。

ところがアクアクララはただのRO水ではありません。

ROろ過技術により水道水をピュアウォーターにした後、ミネラルが添加されています。

 

ちょっと残念ポイント…

ミネラルはとればとるほどいい成分と思われがちですが、赤ちゃんや幼い子供といった内臓の発達が未熟な子供にとっては過剰にミネラルを摂取することで下痢をおこしたりひどくなると腎臓の働きに障害が生じる可能性もあります。

またペットにとっては尿結石などの病気を引き起こす原因にもなりえます。

家族皆が量を考えずに安心して飲むことができるのはRO水といえそう。何も添加していない方が利用しやすい水と言えそう…

 

 

サーバーの内部?

(アクアクララホームページより)

アクアクララのサーバーは1年~3年の間に1度(サーバーにより、1年に1度の場合と2~3年に1度と差がある)の徹底的なメンテナンスをうけます。

 

このメンテナンスは作動の確認だけでなく、分解しパーツの交換洗浄まで行われます。

日常的に個人が内部の洗浄までできません。メンテナンスのタイミングが1年から数年に1度で妥当なのかどうかは不明。もうちょっとこまめに掃除できればいいかもしれませんが、分解までするような大掛かりな洗浄をこまめにするのはちょっと難しいですよね。

その点から考えるとこのメンテナンスは安心できる制度ですね。

 

ボトルの中や水は清潔、サーバーも徹底的なメンテナンスが受けられる…こうなると気になるアクアクララの汚いという評判のほとんどは水ボトルへの評価のようです。どうして水ボトルがそのような印象をもたれるんでしょうか?

その理由はアクアクララがリターナブルボトルを採用しているから。

 

【結論】汚い評価の原因は水ボトル!?

 

 

宅配されてくるボトルをサーバーにセットして水を利用するウォーターサーバーは水ボトル型ウォーターサーバーと呼ばれます。

水ボトル型ウォーターサーバーには2つのタイプがあって、使いきりで自宅で水ボトルを処分する必要があるタイプと回収され再利用されるタイプとがあります。

 

使いきりボトルはワンウェイ式とも呼ばれ、空になったボトルは自分で処分します。

水ボトルの消費量は4人家族で平均して4~5本とも言われますからそこそこの量になりますよね。自治体によってゴミ捨てのルールが違うことから処分に手間がかかって大変になる場合もあるようです。

一方で水ボトルを再利用するタイプは空になったボトルを回収してもらう手間や、回収まで自宅で保管しておく必要があります。

また回収後に洗浄され再び水が詰められまた宅配されるので衛生面の不安はワンウェイ式よりも大きいかもしれません。

使いきりタイプの廃棄の手間と再利用するタイプの衛生面の不安どちらを負担に感じるかは個人個人で差がありそうです。

 

問題のアクアクララは水ボトルを回収した後再び使う再利用型、リターナブルボトル式です。

 

アクアクララがリターナブルボトルを採用しているワケ

 

(アクアクララホームページより)

アクアクララは水ボトルを再利用します。

アクアクララホームページによると、リターナブルボトルを採用をしている理由は

「お客様だけでなく、環境にもやさしいサービスでありたい。ゴミを出さずに、おいしい水を飲んでほしい。」

というように書いてあります。

事実、水ボトルを回収して再利用することで環境に貢献しているようです。

2014年度のアクアクララのお客様が使用したウォーターボトルを換算すると、ペットボトルで約3億3700万本、石油約12,130キロリットル、1年間で25mプール約25杯分の石油を節約(※)したことになります。

※)500mlペットボトルで換算、ペットボトル1本=石油40グラム消費、石油比重=0.9、25mプール1杯=487.5キロリットルとして計算。(アクアクララホームページより)

 

企業理念として環境にやさしいリターナブルボトルを採用しているということですね。

なぜこのボトルが汚いと言われる原因となりうるのか探ってみましょう。

 

リターナブルボトルの管理は?

 

(アクアクララホームページより)

 

アクアクララはリターナブルボトルの洗浄にライオン株式会社と共同で開発した除菌洗浄剤シリーズブランド「O2CleanR®」(ライオンハイジーン株式会社(ライオングループ)の洗浄剤シリーズブランド)を採用しています。

この洗浄剤は環境に配慮した新しい酸素系漂白剤を活用した除菌洗浄剤シリーズブランドです。

  • 塩素系薬剤の独特の臭い
  • 洗浄剤の残留の不安

これらの気になる要素を払拭した、安全で環境に優しい洗浄剤です。

 

安全で優しい洗浄剤ですが除菌力も強く、除菌作用後は酸素や水に分解されるため不純物は残らず、イヤな臭いもなくしっかりボトルを洗い上げるので水ボトルの衛生面には心配ありません。

更にボトルからウォーターサーバーへ水が注ぎこまれる時に水が触れる可能性のあるボトルネック部分にはシュリンクフィルム加工を施しています。

特に汚染を防ぐ能力が高くなければいけないボトルネック部分にフィルムを加熱して収縮させ保護するので安心です。

ボトルの管理には問題がないと言えそうですね。

 

管理万全なはずの水ボトルが汚いと言われるワケ

 

JuralMin / Pixabay

 

アクアクララの水ボトルの管理は万全。衛生面に問題はないはずなのに汚いという印象をもたれる理由はやっぱりリターナブルボトルだからです。

 

どういうことか?それは水ボトルについた傷やその傷に汚れが入り込んで汚く見えるということ。

つまりアクアクララの水ボトルが汚いと思われる原因は「再利用しているから」ではなく「再利用によって運搬時などにボトルが汚れたり傷ついたりするから」ということになりそう。

プラントから各家庭に運搬される間の車の中、配達途中、空になって回収されている間など、水ボトル一つ一つを緩衝材のようなものでくるむわけではありませんから傷がつくのは当然ですよね。

 

またアクアクララの水ボトルの宅配は届けてくれる曜日が地域ごとに決まっており、さらに午前10時から夕方5時までと届けられる時間が限定されています。

配達時間の指定ができないため、水ボトルの受取が難しい場合が多くなります。その問題を解消するために「留守置きサービス」があります。

玄関先に専用のボトルバッグを置いておけばその中に宅配してくれるサービスです。この中に空ボトルを入れておけば同じタイミングで空ボトルの回収もしてもらえます。

 

とても便利なサービスですがこれも水ボトルに傷がつく原因となりうるかもしれません。

 

各家庭で水ボトル、特に空きボトルはどのように扱っているでしょう。

まだ水が入っているボトルは部屋のどこかに保管するとしても、空いたボトルはもしかして玄関先に置いたりしているかもしれません。中身が入っているボトルに比べて雑に扱われているかもしれませんよね。

 

そして重さも問題です。

アクアクララの水ボトルは12Ⅼと7Ⅼの2タイプ。この重さも水ボトルに傷がつく原因と考えられるでしょう。10キロ前後の水ボトルの移動はとても大変な重労働です。水ボトルを運ぶ時にどこかにぶつけたりしていないでしょうか?

 

水ボトルの傷は使いまわしている限りはしょうがない事と言えます。中身の管理は万全なので心配する必要はありませんが、あまりいい気分はしませんね。

 

水ボトルの見た目以外の問題点

 

ウォーターサーバーといえば水ボトル型が主流です。

主流ですが、傷などによって汚く見える場合があること以外に問題を多く抱えています。この水ボトル、実はとても厄介なんです。

 

水ボトルの細かい傷がボトルを不衛生に見せるだけでなく、ウォーターサーバー生活を面倒にする可能性がある手間が多いんです。

クールクー 楽水 RO水 サーバー

 

水ボトルの受け取りが大変

重くて移動が大変

お金がかかる

 

アクアクララには「留守置きサービス」があることは説明しました。このサービスでかなり水ボトルの受け取りに手間は軽減されています。

でも飲み水をしばらく屋外に置いておくのは心配ですね。できれば直接受け取りたいものです。

直接受け取るにしろ留守置きサービスを利用するにしろ、定期的に水ボトルが届くというのは続けるほど負担に感じる場合があるようです。

 

次に水ボトルの重さが負担になるのは言うまでもないこと。

アクアクララの場合12Ⅼの水ボトルで2本、7Ⅼの水ボトルで3本と最低注文本数が決まっています。玄関先から水ボトルの保管場所まで毎回20キロ近いものを運ぶ。さらにサーバーの上部に設置する。

かなり重労働です。ウォーターサーバーを設置するかどうか?迷う原因になるのはなによりこの水ボトルの重さといってもいいでしょう。

 

最後にもう一点、水ボトル型の大きな問題があります。

それはコストがかかるということ。

アクアクララの場合、12Ⅼの水ボトルの代金が1200円。その他に「安心サポート料」が1000円から1500円(機種によって違う)かかります。

この「安心サポート料」、数年に1度のメンテナンスや故障の対応などの為に払っていくお金です。

 

アクアクララによると、4人家族の平均的な1月の水ボトル消費量は4~5本。1月で7000円程かかる計算になります。

水代に7000円近くかけても、1日に飲める量を計算してみると1人500mlほどしか飲めないんです。人間に必要な水分量は1.5リットルから2リットルとも言われます。

家で1日に必要な水分全てとることはないにしても、500mlしか飲めないのはちょっと寂しい…

これでは目の前に良い水があるのに、ご飯を炊くのにもお味噌汁を作るのにも使うのをためらってしまいそう。減っていく水ボトルの中の水を見ながら飲む量を調整するなんて本末転倒ですよね。

 

アクアクララは汚いかどうか!?のまとめ

アクアクララは汚くありません。

ボトルの中の水の管理は万全、サーバーのメンテナンスの頻度には多少不安が残るものの取り立てて衛生的に問題があるということでもありません。

そんな評価がでてしまう原因は水ボトルを使いまわす間に傷がついてそれが不衛生に見えてしまっているのかもしれないという程度。

アクアクララが特別汚いウォーターサーバーということはありません。安心して使うことができるウォーターサーバーです。

ただ、“汚い問題”について調べているうちに違う問題がみえてきました。

それは

 

  • アクアクララが採用しているRO水はとても魅力的
  • RO水にミネラルが添加されているのがちょっと残念
  • 水ボトルは受け取りの手間や移動が大変な点など面倒が多くかなり残念
  • 水ボトル型のウォーターサーバーはコストがかかってとても残念

 

ウォーターサーバーを選ぶポイントとして、家族全員が安心して沢山飲むことができるRO水は必須条件のように思えます。赤ちゃんからお年寄り、ペットまで安全に飲めるのはミネラルなどが添加されていないピュアウォーターです。

そして何かを続けていく上でとても重要なのがコストの問題。

どんなに良いものでもコストがかかりすぎては続けることができません。その点、飲めば飲むほど費用がかさんでしまう水ボトル型のウォーターサーバーは最適とはいい難いですよね。

家で負担が少なく手軽にいい水が使えるウォーターサーバーは何でしょうか?

 

快適なウォーターサーバーは水道直結型ウォーターサーバー『クールクー』

 

クールクー 楽水 RO水 サーバー

 

繰り返しになりますがウォーターサーバーの主流は水ボトル型です。

一方で『クールクー』は水道水を利用するウォーターサーバー。水ボトルにかかる手間が一切ありません。

さらにROろ過技術も搭載しています。

そう、アクアクララが安全で合理的であるなどの理由から採用している水道水を原水としたRO水です。

水道水は家庭でも利用できますよね。ROろ過技術が家で利用できるのならこの水道水を使わない手はありません。

もっといいことに『クールクー』はRO水にした後にミネラルの添加などは行っていないので家族皆、誰もが安心して沢山飲むことができます。

沢山飲むためにもう1つ重要な条件がありました。それはコストの問題。

水ボトル型のウォーターサーバーのアクアクララの場合、60リットル使うと7000円程かかりました。『クールクー』の場合、サーバー代として4200円かかります。その他にかかるのはRO水にかえた水道代のみ。

水道代は1リットル0.3円程。60リットル使った場合は18円。つまり『クールクー』であればアクアクララで7000円程かかっていた60リットルの水を4018円で飲めるということ。

この差は飲めば飲むほど開いていきます。

『クールクー』は飲み放題に近いウォーターサーバーなんです。

 

『クールクー』の残念な点

 

水ボトル型ウォーターサーバーの欠点をクリアし、低コストでRO水が利用できる『クールクー』は完璧なウォーターサーバーのように感じます。でも残念なことに1点デメリットがあります。

それは捨て水とよばれる排水。

 

捨て水とは

RO膜(逆浸透膜)に水を通す際に生じる排水のこと。

細かいフィルターに水を通し純水とそれ以外をわけることで純度の高いRO水ができる。その際には必ず排水が生じる。

 

捨て水の量とかかるお金

 

捨て水は、RO水1リットルに対して3~4リットルほど出るといわれます。

RO水1リットルにかかる値段は捨て水を含めて0.3円×5リットルで1.5円です。

60リットルの『クールクー』のRO水を利用した場合でも、この捨て水も含めて90円ということになります。

金銭的な負担は捨て水を含めても軽いと言っていいでしょう。

 

排水の方法

 

この点が一番のデメリットかもしれません。

排水の先はシンクの上にチューブをはわすか、シンク下の排水に直接チューブをつないで排水するかどちらかです。

シンクの上に排水を流すのは食洗器でも利用することがある一般的な排水方法ですが、見た目が気になる場合はシンク下の排水に直接流す方法がいいかもしれません。

シンクに排水する場合もシンクの配管に接続する場合もプロが施工するので安心できます。

このデメリットは『クールクー』特有のものではなくRO水を作る時には必ず生じるものです。

無駄な排水が出ると聞くとギョッとしてしまいますが、誰にも安心なRO水を利用するためには必ずでるものであることと、金銭的な負担はそれほど重くないこと、排水のための施工を安心してまかせられることを考えれば、デメリットとメリットどちらが大きいかは歴然だと思います。

 

水選びはライフスタイルを選ぶこと

 

Engin_Akyurt / Pixabay

 

水を選ぶことは、おいしい水を選んでいるだけではありません。

健康のため。それは今だけでなく、未来の体のための選択でもあります。

そして、どんなウォーターサーバーにするのか選ぶことはあなたや家族のライフスタイルを選ぶことにつながります。

いい水を苦労して飲むよりも気楽にストレスなくとりいれられた方がいい。

体にとって水はとても大切なものです。そしてその水をどんな風に飲むのか?どうやって生活に取り入れるのかできっと毎日の生活にうれしい変化が訪れるハズ。

『クールクー』はそんな変化をおこすきっかけになってくれると思いますよ。

 

『クールクー』

 

 

 

  • 初期費用の18,000円が無料になるキャンペーンあり
  • サーバーには床置タイプと卓上タイプがあり
  • 自動クリーン装置により掃除なしでも清潔
  • さらに年1回の有人メンテナンス無料でより安心

 

 

 

大人気ウォーターサーバーランキング

Qool Qoo クールクー

(水道直結型ウォーターサーバー)

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

なんとメンテナンス無料!!1年に1回の有人メンテナンスあり!

数十万するro水生成機能を搭載!!月額3000台でro水が使いたい放題!!

クールクーは家庭用にとってもおススメです!

 QoolQoo(クールクー)のお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

RAKU MIZU 
楽水ウォーターサーバー

 

(水道直結型ウォーターサーバー)

 

 

 

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

 

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

 

破格の浄水タイプと安全なRO水タイプの2つから選べます

 

薬局、整体院、オフィスなどの法人様の契約数ダントツ1位です

 

かわいいデザインで家庭用にも人気が出ています!!

 

 

 

 楽水ウォーターサーバーのお申し込みはこちらから

 

コメントを残す