ウォータースタンドのデメリットは解決できるものばかり!?調べて分かった驚きの事実とは?

Pocket

「ウォータースタンドのデメリットってあるのかなー」と、ふと思って調べていたら・・・

 

デメリットが意外にあるってことが分かりました。

 

 

あなたもウォータースタンドの利用を検討する場合、デメリットを考慮してから利用したいと思いませんか?

利用を開始してから「ウォータースタンドのこんなデメリットなんて聞いてないよ~」って嘆いても遅いですからね。

 

 

そこで、僕が見つけたウォータースタンドのデメリットを今から余すことなく公開しますね。

あなたがウォータースタンドを利用するかどうかの判断にぜひ役立ててください!

 

ウォータースタンドのデメリットはコレ

water-stand-demerit

whoismargot / Pixabay

 

ウォータースタンドのデメリットを探してみると、4つの大きなデメリットを見つけました。

知っておかないとあとで悔やむ可能性もありますので、しっかりチェックしてくださいね。

 

ウォータースタンドのデメリット①:大量に使わないと損をする

should-be-used-in-large-quantities

 

ウォータースタンドは、水道直結型のウォーターサーバーというのをウリとしてます。

要は、「美味しいお水を使いたいだけ使える!」ってこと。

 

だから使う水の量を気にする必要はありません。

気にするべきなのは、ウォータースタンドの月々のレンタル費用だけと言って良いでしょう。

ここで、あなたが1ヶ月で24リットルくらいの使用量だとレンタル費用が高くなることをお伝えしておきます。

 

・ウォータースタンドで1番人気のナノラピアネオの月額レンタル費用:3,980円

24リットル×0.2円(1リットルあたりの水道代)=5円

ウォータースタンドの月々の合計費用:3,985円

 

・1番人気のボトル型ウォーターサーバーのレンタル費用:無料

1900円(ボトル12リットルの値段)×2=3,800円

1番人気のボトル型ウォーターサーバーの月々の合計費用:3,800円

 

ウォータースタンドの方が、若干高いですよね?

 

 

ウォータースタンドは大量にお水を使わないとこういった結果になります。

これが1つ目のウォータースタンドのデメリットです。

 

ウォータースタンドのデメリット②:関東圏しか利用できない

areas-in-the-kanto-region

 

ウォータースタンドの2つ目のデメリットとして、関東圏にお住まいの方しか利用できないことが挙げられます。

 

対応エリアは拡大予定とのことですが、事業所を新たに開設することは簡単なことではないですから、一気に全国で利用できることはあまり期待できません。

あなたが関東圏以外にお住まいなら、「せっかく良いウォーターサーバー見つけたのに!」って思っちゃいますよね?

 

僕としても、このエリアの問題は早く解決すると良いなと思っています。

 

ウォータースタンドのデメリット③:水漏れしないか不安

 

anxiety-about-water-leakage

 

ウォータースタンドの3つ目のデメリットとして挙がるのが、「水漏れするんじゃないか?」という不安です。

ウォータースタンドは水道水を分岐させて使うので、こういった不安もあったりするんですよね。

 

 

僕がウォータースタンドのスタッフさんに電話でお伺いしたところ、実際に水が漏れてしまったという事例は今までに報告されてないとのことですが、それでも不安は残ります。

こういった問題をクリアにしてから、スッキリした気持ちでウォータースタンドを使いたいですよね?

 

ウォータースタンドのデメリット④:1年未満で解約すると撤去費用がかかる

cancellation-charge-is-expensive

 

ウォータースタンドの4つ目のデメリットとして挙げられるのが、撤去費用の問題です。

もしウォータースタンドの使い勝手が悪くて、使用してから1年未満で解約すると撤去費用10,000円がかかってしまいます。

 

10,000円っていうのはけっこう痛いですよね?

 

ウォータースタンドの使用感を確かめる機会があれば、撤去費用を払う可能性はかなり少なくなりそうですが。。

 

 

 

こうやって見てみると、ウォータースタンドのデメリットは意外にあります。

 

それなら・・・

 

 

 

 

使わないほうがいいんじゃん?って思いますよね?

 

no-choice

 

 

 

ところが!

今まで挙げてきたウォータースタンドのデメリットって・・・実は、解決ができるものが多いんですよね。

 

それを今から紹介していきますよー!

 

ウォータースタンドの4つのデメリットを解決する方法

disadvantage-resolution

geralt / Pixabay

 

ウォータースタンドのデメリットが解決できるなら、ウォータースタンドを使ってみようかなという気持ちになりますよね?

 

発見した上手なデメリットの解決方法は、あなたの助けになると思いますよ。

 

大量に使わないと損をする⇒水を飲むだけに限定しない

use-delicious-water-for-cooking

 

ウォータースタンドの最初のデメリットで、24リットル未満の使用量だと割高になってしまう内容は覚えていますか?

それって、「水を飲むだけ」で考えると1ヶ月24リットル未満になる計算なんですよね。

 

 

 

ただ・・・美味しいお水を飲むだけに使うのは、はっきり言って

 

 

 

もったいないと思いませんか!?

 

 

 

僕はウォータースタンドを実際に使ってみて分かったんですが、

 

・お米を炊くとき

・お蕎麦を茹でるとき

・焼酎の水割りをつくるとき

・野菜をシャキっとさせたいとき

・カレーを煮込むとき

などなど・・・

 

用途がどんどん広がっていくんですよ!

 

 

これだけ利用すると1週間で24リットルは余裕で超えます。

飲み水に限定せずに、いろんな使い方をして美味しいお水を身近に感じて欲しいですね。

ガマンせずに使えるって最高だと思いませんか?

 

 

あと付け加えておくと、僕は毎日1リットル以上のお水を飲むようにしてますから、1ヶ月に24リットルは1人で楽々超えますよー。

これを考えるだけでも、ウォータースタンドの使い放題はかなり便利だと分かると思います。

 

関東圏しか利用できない⇒今では代理店も増えてきている

agencies-are-increasing

 

ウォータースタンドのスタッフさんに電話で伺った時、実は衝撃的な言葉を頂いたんです。

 

それは、関東以外のエリアでも代理店があるってこと。

 

 

大阪や神戸に至っては、ウォータースタンドの代理店があってサービスも整備されているそうですよ。

直営の事務所を置くことはなかなかできませんが、代理店の存在は関東以外の方々にとっては朗報中の朗報ですよね?

 

ですから、あなたがウォータースタンドを検討している場合、ご自宅のエリアは対応しているかスタッフさんに聞いてみることをおすすめします!

代理店が急激に増えている可能性もあるので、試す価値は十分ありますよ。

 

水漏れしないか不安⇒万全のメンテナンスとエコサーバーの存在

presence-of-eco-server

 

水漏れの不安というウォータースタンドのデメリットも見事に解消できます。

 

それはエコサーバーと言って、備え付けの貯水タンクに水道水を入れればサーバーが水を吸い上げて美味しいお水を作ってくれるシステムがあるんですよ。

これなら水漏れの心配なんてまったく必要ないですよね?

 

 

しかも、ウォータースタンドは半年に1度のペースで定期メンテナンスをおこなっているんです。

他社だと1年に1回や2年に1回といったペースなので、ウォータースタンドのメンテナンスがいかに小まめなのかが分かると思います。

これも水漏れの可能性を限りなくゼロにするサービスだと思いませんか?

 

ちなみにメンテナンス代は、月々のレンタル費用に含まれているのでとても安心です。

 

1年未満で解約すると撤去費用がかかる⇒他社と比べてみる

removal-cost-is-low

stevepb / Pixabay

 

ウォータースタンドのデメリットで、1年未満の使用だと10,000円の撤去費用がかかること。

これもしっかり解決できちゃいます!

 

要はウォータースタンドをお試しで使用できて、使うかどうかを検討できれば良いわけですよね?

 

だったら、ウォータースタンドでは先ほど紹介したエコサーバーを1週間お試しで使わせてくれますよ。

エコサーバーなら工事の必要はないですし、あなたも気兼ねなく使えるはずです。

ウォータースタンドのお試しに関しては詳しい記事があるので、こちらを参考にしてくださいね!

ウォータースタンドのお試しに関する詳しい記事はこちら⇒

 

 

また、1年未満の使用だと10,000円の撤去費用がかかると紹介しましたが・・・

他社だともっと高かったり、期間の縛りが厳しいです汗

 

1年未満だと20,000円とか、2年使用しないと15,000円とか。。

ウォータースタンドの撤去費用って意外と安いって思いませんか?

 

他社よりも辞めやすい形になっていますので、リスクも最小限となり、利用者が急増しているんですよね!

 

 

 

どうでしょうか?

ウォータースタンドのデメリットって、実は解決できるものがとても多いんですよ。

おかげで僕もウォータースタンドを使ってお水をじゃんじゃん使っているんですよね。

 

だって、デメリットがほとんどありませんから。

 

ウォータースタンドのデメリットは解決できるものが本当に多い

water-stand-disadvantage-resolution

 

ウォータースタンドのデメリットは、大きな問題にはなりません。

それくらい僕たち利用者の目線に立って、デメリットがないように細やかなサービスを提供してくれていると言えますね!

 

 

ウォータースタンドがあれば、消毒臭かったり水道管の鉛が水に移っても、しっかり除去して美味しいお水に変えてくれます。

飲んでみると分かりますが、「お水ってこんなに美味しかったの!?」ってビックリするレベルですから。

これなら自分以外の家族だって喜んで飲んでくれますよ!

 

 

デメリットがほとんどないウォータースタンドは、はっきり言って本当に使い勝手が良いです。

どのウォーターサーバーにしようか悩んでいるなら、ウォータースタンドを選べば間違いないですよ。

これを機に、気兼ねなくどんどん美味しいお水を使っちゃってください。

 

 

大人気ウォーターサーバーランキング

Qool Qoo クールクー

(水道直結型ウォーターサーバー)

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

なんとメンテナンス無料!!1年に1回の有人メンテナンスあり!

数十万するro水生成機能を搭載!!月額3000台でro水が使いたい放題!!

クールクーは家庭用にとってもおススメです!

 QoolQoo(クールクー)のお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

RAKU MIZU 
楽水ウォーターサーバー

 

(水道直結型ウォーターサーバー)

 

 

 

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

 

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

 

破格の浄水タイプと安全なRO水タイプの2つから選べます

 

薬局、整体院、オフィスなどの法人様の契約数ダントツ1位です

 

かわいいデザインで家庭用にも人気が出ています!!

 

 

 

 楽水ウォーターサーバーのお申し込みはこちらから

 

コメントは受け付けていません。