トレビーノのアンダーシンク浄水器のメリット・デメリットを包み隠さず公開

Pocket

キッチンで料理をしたりシンクで洗い物をするときに、邪魔にならずにスッキリ使えるのはアンダーシンク型浄水器です。

 

その名の通りシンクの下に置くタイプなので、蛇口直結型や据置型のように邪魔になることがありません。

 

またポット型のように冷蔵庫のスペースを占領したりすることもないため、置き場にも困らない浄水器です。

 

ただ、蛇口直結型やポット型に比べて設置をイメージしづらいのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、トレビーノのアンダーシンク型のメリット・デメリットを詳しく紹介します。

 

 

 

トレビーノのアンダーシンク型浄水器のメリット

トレビーノのアンダーシンクは蛇口直結型よりも大きなメリットが3つあります。

 

 

 シンクが広々使える

 

冒頭でも紹介したようにアンダーシンク型のメリットはシンクが広々使えることです。

 

浄水器本体をシンクの下に設置するので、料理や洗い物の時にまったく邪魔になりません

 

シンクの形や深さにも影響されないのでストレスなく料理ができます。

 

 

 カートリッジ交換が年1回で済む

 

アンダーシンク型はカートリッジ交換目安が12か月ごととなっています。

 

蛇口直結型のカートリッジが2~5か月ごとに1回の交換なので、交換頻度が少なく手間が最小限に抑えられます。

 

 

 大家族でも安心

 

カートリッジ交換目安は1年に1回のうえ、1日の使用量も25~50リットルと大量の浄水が基準となっています。

 

蛇口直結型浄水器(1日10リットル計算)よりも多くの使用量で1年間つかえるので、大家族や大量に水を使う家庭でも十分に対応できます。

 

蛇口直結型よりも、便利よく手間なく使えるイメージがあります。

 

 

トレビーノのアンダーシンク型浄水器のデメリット

蛇口直結型の浄水器と比べてのデメリットは以下の3つです。

 

 

 蛇口の工事が必要

 

トレビーノのアンダーシンク型は通常の蛇口には取り付けられません。

 

専用の蛇口への取り付けが必要となるため、必ず蛇口の工事も同時に発生します。

 

そのため賃貸では大家の許可がなければいくら設置したくでもできないため、持ち家の方でないと難しいでしょう。

 

 

 蛇口本体、カートリッジの価格が高い

 

専用蛇口の価格が高く、別途工事費が必要となるため取り付け費用が高額になります。

 

また、カートリッジ交換は1年に1回で済むようになりますが、その分カートリッジ単価が高くなります。

 

 

 除去項目が蛇口直結型より少ない

 

アンダーシンク用カートリッジで除去できる項目は最大12項目です。

 

蛇口直結型カセッティの高除去タイプが13項目の除去ですので、浄水能力的に物足りないと感じます。

 

 

アンダーシンク検討のタイミング

シンクを広く使えるメリットはありますが、蛇口の取り換えや工事のことを考えると
新築するときやリフォームのタイミングで設置を検討したほうがよさそうです。

 

しかし除去項目の少なさや工事の発生を考えると、
トレビーノのアンダーシンク型よりも逆浸透膜浄水器のほうがいいかもしれません。

 

【逆浸透膜浄水器とは】

逆浸透膜(RO)とは0.0001ミクロンの超微細孔フィルターを通して不純物を取り除くというもの。

特定の物質だけを取り除くのではなくすべての物質が除去対象となり、牛乳や海水でさえ真水にするほどのフィルターです。

その逆浸透膜フィルターを搭載した浄水器を逆浸透膜浄水器といい、現在では一般家庭向けにも普及してきています。

 

トレビーノでは塩素や発がん性物質であるトリクロロエチレンなどの不純物の除去率が80%となっており、除去できない残りの20%は水と一緒に体内に取り込むことになります。

 

また、トレビーノには放射性物質に関してまったく除去能力が備わっていません

 

それなら逆浸透膜浄水器であれば水道水に含まれる不純物をほぼ100%除去できます。

 

もし万が一、水道水に放射性物質が含まれていたとしてもROフィルターで取り除くことができるのです。

 

逆浸透膜浄水器は、インターネットのショッピングサイトでも購入することができます。

 

 

ごらんの通り、かなりの高額商品です。

 

今使っている蛇口をそのまま使用できるメリットはありますが、蛇口を取り替えるトレビーノのほうが安くつきます。

 

いくら浄水性能がよくても、実際の設置は検討すら難しいのではないでしょうか?

 

実は購入するのは難しくともレンタルするという方法もあります。

 

月々のレンタル費用だけで発がん性物質から放射性物質まで取り除けるなら検討してみようと思いませんか?

 

 

月々レンタルできる逆浸透膜浄水器とは

クールクー 楽水 RO水 サーバー

月々のレンタルでRO水を飲むことができるのは水道直結のウォーターサーバーです。

 

自宅の水道水を逆浸透膜フィルターに通してRO水に生成できるので、ボトル宅配水のような手間は全くありません。

 

 

自宅でRO水が飲めるクールクー

クールクーはボトルウォーターの浄化プラントと同じ技術を取り入れたウォーターサーバーです。

 

ショッピングサイトで購入した逆浸透膜浄水器の場合、交換フィルター代やメンテナンス費用が掛かりますが、クールクーはすべて無料!

 

1年に1回無料でフィルター交換してくれるだけでなく、有人メンテナンスまで無料で行ってくれます。

 

掛かる費用は月々のレンタル代4,200円だけという手軽さもよろこび倍増。

 

蛇口の取り換え工事は不要なうえ建物を傷つけないので、持ち家だけでなく賃貸マンションやアパートでも使えるので便利です。

 

アンダーシンク 逆浸透膜浄水器
(購入)
クールクー
設置 蛇口70,000円
+設置費用
280,000円~
+設置費用
月々4,200円
+工事費
(工事費無料キャンペーン有)
カートリッジ 12,000円
(1年交換)
10,000円~
(1年交換)
無料
(1年交換)
特徴 ・除去12項目
・除去率80%
・放射性物質除去不可
・メンテナンスなし
・除去率ほぼ100%
・放射性物質除去可能
・メンテナンス(別途費用)
・除去率ほぼ100%
・放射性物質除去可能
・メンテナンス(無料・1年毎)

 

水道水を使うことに抵抗を感じているなら、月々定額で使えるクールクーの利用を検討してみてはいかがですか?

 

 

 クールクーのお申し込みはこちら

 

 

 

 

 

 

大人気ウォーターサーバーランキング

Qool Qoo クールクー

(水道直結型ウォーターサーバー)

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

なんとメンテナンス無料!!1年に1回の有人メンテナンスあり!

数十万するro水生成機能を搭載!!月額3000台でro水が使いたい放題!!

クールクーは家庭用にとってもおススメです!

 QoolQoo(クールクー)のお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

RAKU MIZU 
楽水ウォーターサーバー

 

(水道直結型ウォーターサーバー)

 

 

 

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

 

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

 

破格の浄水タイプと安全なRO水タイプの2つから選べます

 

薬局、整体院、オフィスなどの法人様の契約数ダントツ1位です

 

かわいいデザインで家庭用にも人気が出ています!!

 

 

 

 楽水ウォーターサーバーのお申し込みはこちらから

 

コメントを残す