フレシャスは水漏れが多い?トラブル発生にひそむ原因と対処法を徹底調査

Pocket

ちょくちょく耳にするフレシャスの水漏れトラブル

 

水漏れと聞くとサーバーの故障が真っ先に思い浮かびますが、実は機器の不具合だけとは限りません。

 

原因はサーバーではなく、利用者側の取り扱いによって発生していることの方が多いのです。

 

原因が分かれば、あとは適切な対処をするだけ。

 

そこで原因と対処についてまとめたので、水が漏れてしまう前に読んでおいてください。

 

 

フレシャスの水漏れでよくある3つの原因と対処法

 

フレシャスの水漏れが起こるほとんどは、水を交換する際の設置不良が原因になっています。

 

ガロンボトルよりも軽くて扱いやすいパック式のセットは、ちょっとしたコツで水漏れを防ぐことができます。

 

 

水の交換で設置ミスが起こるのは、

 

1.パックの向きを間違えている
2.ウォーターパックにニードルがしっかり刺さっていない
3.パックの設置が真っすぐではない

 

この3パターンです。

 

 

パックの向きを間違えている

 

スタンダードモデルを使用しているお宅には、ウォーターパックの継ぎ目のあるタイプと継ぎ目のないタイプのいずれかが届きます。(パックの指定はできません)

 

 

 

継ぎ目のないタイプは上下どちらにセットしてもいいのですが、問題は継ぎ目のあるタイプのウォーターパックの場合です。

 

セットする方向に決まりがあり、継ぎ目を必ず上にして設置しなければいけません。

 

継ぎ目にはわずかな段差があるため、上下逆にセットするとニードルが刺さった個所が水漏れの原因になってしまいます。

 

上下を正しくサーバーにセットした後、軽く押して隙間のないようになじませると水漏れしなくなります。

 

 

【ウォーターパックの正しいセットの仕方】

 

 

 

ウォーターパックにニードルがしっかり刺さっていない

 

エコモデルを使用している場合はウォーターパックにニードルアダプターを取り付ける必要があります。

 

この時に、しっかりと奥までニードルが刺さっていないと水漏れの原因となります。

 

ニードルをゆっくり押し込むと刺し込みが十分でなかったりビニールが伸びて穴が開かないこともありますので、グッと勢いよく奥まで刺し込んでアダプターとぴったりセットすることで水漏れを防げます。

 

 

【ニードルアダプターの取り付け方】

 

 

もちろん、ニードルを差し込んだ後はアダプターのロックも忘れないように!

 

フレシャスdewo(デュオ)の場合は、サーバーが自動でニードルを指してくれるので失敗はほとんどありませんが、スタンダードモデルやサイフォンモデルなどは利用者でニードルに刺さないといけないので水漏れになる事例が多いです。

 

 

パックの設置が真っすぐではない

 

パックをウォーターサーバーに設置する際、真上から垂直にセットします。

 

ホルダーやアダプターが斜めにおいてしまうとサーバーとの間に段差が生じてしまい、水漏れの原因となります。

 

背の低い女性やお年寄りは真上からの設置が難しいため、ななめになってしまっていることが多いです。

 

必ず垂直になるようにパックをセットし、上から軽く押し込んで段差をなくすようにすると水漏れは防げます。

 

【ホルダーの正しいセットの仕方】

 

 

 

設置に問題がないのに水漏れしている時はどうする?

 

正しく設置しているにも関わらず水漏れが起こってしまった場合は、サーバー本体の故障の可能性が高いです。

 

その場合は素人では対処できないので、すぐに使用をやめお客様サポートセンターへ連絡しましょう。

 

【お客様サポートセンター】

フリーダイヤル 0120-800-026
受付時間 平日9:00-20:00

土日9:00-17:00

 

 

 

水漏れが多いのはフレシャスだけ?

 

水漏れトラブルが多いのはフレシャスだけと思ったら、実はそんなことはありません。

 

ガロンボトルのウォーターサーバーでも水漏れの事例はよくあることのようです。

 

 

 

 

パック式だから水漏れしやすいわけではなく、ボトルタイプでも同じように水漏れは起こります。

 

 

フレシャスがパック式を採用している理由

 

フレシャスではウォーターサーバーで主流のガロンボトルではなくメインは水パックを採用しています。

 

 

水パックをお届けしているのには、以下の理由からです。

 

・ガロンボトルは保管に場所をとる
・ワンウェイボトルは細かくつぶせない
・女性やお年寄りでも扱いやすい重さにしている

 

 

 ガロンボトルは保管に場所をとる

 

ガロンボトルは12リットル入りのボトルが多く使われています。

 

中身の入っているボトル、空のボトルそれぞれを補完するスペースが必要になります。

 

水パックであれば1つのサイズが小さくなり使い切りで破棄するので、保管スペースが少なくて済みます。

 

 

 ワンウェイボトルは細かくつぶせない

 

12リットルのワンウェイボトルであれば使った後はつぶせばいいので、保管に必要なスペースも小さくて済むメリットがあります。

 

しかし、実際にはそれほど小さくはなりません。

 

ペットボトルと一緒の破棄をすることが可能ですが、かさばるためゴミ袋がより多く必要になり不経済です。

 

パックタイプであれば折りたたんで細かくして捨てられるので、使用した後の処理も簡単です。(ポリエチレン素材なので、お住いの地域の破棄方法に準じてください。)

 

 

 女性やお年寄りでも扱いやすい重さにしている

 

ガロンボトルは12リットルのボトルを胸の高さまで持ち上げて、サーバーへの設置が必要になります。

 

女性やお年寄りは交換が難しく、乗せ換えるだけで手いっぱいです。

 

そのため、水漏れトラブルにもつながってしまっています。

 

フレシャスではパック式で4.7~7.2リットルと軽めの重量を採用し、交換にかかる負担を減らしています。

 

 

フレシャスは、2016年オリコン日本顧客満足度ランキング「ウォーターサーバー ナチュラルミネラルウォーター部門」で1位を獲得するほど利用者に使いやすさを追求しています。

 

 

(フレシャス プレスリリースhttps://www.frecious.jp/smart/news/?page=5より)

 

 

パック式の水を採用しているのには、お客様目線のこだわりがあってのことです。

 

 

水漏れの原因が抑制できていないのは残念ですが、今後改善されていくことは間違いないでしょう。

 

 

 

ウォーターサーバーで水漏れしやすいのはサーバーの仕様

 

水漏れはフレシャスだけでなく、ボトル宅配のウォーターサーバー全体の問題です。

 

重い水を高い位置まで上げないといけないウォーターサーバーの仕様に問題があり、どのウォーターサーバーでも同様のことが起こりえるのです。

 

では、水漏れトラブルはあきらめるしかないでしょうか?

 

 

水漏れの悩みを解決できるウォーターサーバーってあるの?

 

ウォーターパックを設置する際に起こってしまう水漏れは、水道直結のウォーターサーバーであれば解消できます。

 

ウォーターサーバーの設置施工をプロが行い、水は水道水から供給されるため利用者はコックを押すだけ。

 

水道直結のウォーターサーバーは下図のように非常にシンプルで、ボトル交換自体がないので水漏れトラブルが発生することがまずないのです。

 

 

 

ただ水道水ときくと、残留塩素やサビなどが不安になるのではないでしょうか?

 

水道直結のウォーターサーバーはROろ過して不純物を除去するので、残留塩素やサビなどを気にすることなく安心して飲めます。

 

【ROろ過とは】
ROろ過とは、ROフィルターという特殊なフィルターを通すろ過システムのことです。

日本語では「逆浸透膜」と訳されており、超微細孔(0.0001ミクロン)のフィルターに水道水を通すことで、あらゆる不純物を除去できるものです。

残留塩素やサビ、発がん性物質や放射性物質にいたるまで、ほぼ100%取り除くことができる浄水能力を持っています。

 

ROろ過フィルターではあらゆる不純物が除去対象となるので、水道水に含まれるミネラルも取り除かれます。

 

ミネラルまで除去すると聞くとデメリットに感じるかもしれませんが、ミネラルは体にいいことばかりではないのです。

 

内臓機器の未熟な赤ちゃんや体の小さいペットにはミネラルが体の負担となり、腎障害や尿結石などの病気を発症する原因になることも。

 

ミネラルウォーターはイメージで体にいいものだと思いがちですが、人によってはかえって体に良くないこともあるのですね。

 

 

水道直結とボトル宅配のRO水との違いはなに?

 

ROろ過と聞けば、アクアクララやクリクラでRO水という名前を聞いたことがあるかもしれませんね。

 

アクアクララやクリクラは工場で水道水をROろ過した水をボトルに充填して宅配するタイプ。

 

それに対し水道直結のウォーターサーバーは、自宅の水道水をその場でROろ過してコックから出てくる、という違いがあります。

 

では、RO宅配水でいいのではないかと思うかもしれませんが、やはり水漏れが。

 

 

 

 

水の交換作業が原因になっていることが明らかですね。

 

さらに言うと、RO宅配水は塩素を除去しているため、長期保存していると雑菌が繁殖する可能性があります。

 

水道直結であれば、その場でROろ過するので新鮮なRO水をいつでも飲み放題というわけです。

 

 

水道直結のウォーターサーバーにデメリットはない?

 

残念ながら水道直結のウォーターサーバーにもデメリットがあります。

 

それはROろ過する際に必ず発生する排水(捨て水)です。

 

ボトルウォーター工場でもRO水を生成した際に捨て水が出ています。

 

自宅に水道直結のウォーターサーバーを設置した場合は、自宅で排水が必要になるのです。

 

排水される水の量は、RO水1リットルに対して3~4リットル。

 

つまりRO水1リットル作るために水道水を5リットル使う必要があります。

 

5リットルも使うとなると水道代が心配になりませんか?

 

水1リットルに対する水道代は0.3円ほどなので、1リットルの水を作るためには約1.5円。

 

捨て水が出たとしてもウォーターサーバーの水を購入するよりも経済的です。

 

また、捨て水の配管処理については、設置の際に一緒にやってもらえるので、全く問題はありません。

 

 

 

水道直結のウォーターサーバーならクールクー

 

クールクーはボトルウォーターの工場で使用するROろ過システムと同じ技術をウォーターサーバー内に搭載。

 

水道からの分岐やクールクーまでの配管、排水の処理にまですべてプロが設置してくれます。

 

設置後に利用者がするのは水やお湯を飲むことだけなので、水漏れする不安なく安心して使えます。

 

 

【クールクー】

 

 月々4200円で水やお湯が飲み放題
 水道直結のためボトル水不要
 設置工事はすべてプロが行うので水漏れの心配なし
 年1回のフィルター交換無料
 プロによるメンテナンスが1年に1回あり(無料)

 

 

残念ながら、ボトル宅配水ではどこのウォーターサーバーでも水漏れの事例はあります。

 

トラブルの不安なく安心できる水を飲みたいならクールクーを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 クールクーのお申し込みはこちら

 

 

 

大人気ウォーターサーバーランキング

Qool Qoo クールクー

(水道直結型ウォーターサーバー)

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

なんとメンテナンス無料!!1年に1回の有人メンテナンスあり!

数十万するro水生成機能を搭載!!月額3000台でro水が使いたい放題!!

クールクーは家庭用にとってもおススメです!

 QoolQoo(クールクー)のお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

RAKU MIZU 
楽水ウォーターサーバー

 

(水道直結型ウォーターサーバー)

 

 

 

水道直結型のウォーターサーバーだから水が使いたい放題!!

 

重たいボトル交換から開放!!自宅で宅配を待つ必要がありません。

 

破格の浄水タイプと安全なRO水タイプの2つから選べます

 

薬局、整体院、オフィスなどの法人様の契約数ダントツ1位です

 

かわいいデザインで家庭用にも人気が出ています!!

 

 

 

 楽水ウォーターサーバーのお申し込みはこちらから

 

コメントを残す